しださがし

福岡県を中心に、見つけたシダ植物等について紹介していきます。無断での転用・転載は禁止。

ミヤコイヌワラビ(ダンドイヌワラビ)

種名:ミヤコイヌワラビ(ダンドイヌワラビ)

(Athyrium frangulum Tagawa f. viride Sa.Kurata, Athyriaceae)

解説:青軸のミヤコイヌワラビ。

場所:福岡県南部

確認日:2018.6.16

f:id:shidasagashi:20180620215148j:plain

ミヤコイヌワラビがなかなか見つからずに、ホソバイヌワラビと勘違いしているのかななどと思っていましたが、今回初めて出会いました。ホソバイヌワラビとは全然違いました。笑

こちらは青軸品種のダンドイヌワラビになります。とても綺麗なシダでした。

 

f:id:shidasagashi:20180620215159j:plain

f:id:shidasagashi:20180620215153j:plain

ミヤコイヌワラビの葉身(上下)。

鮮やかな緑色をしており、ツヤのないホソバイヌワラビとは対照的な程です。春に低い位置に葉をつけ、その後高い位置に葉を伸ばす様はホソバイヌワラビに似ていますが、葉質はむしろタカサゴイヌワラビに似ています。

 

f:id:shidasagashi:20180620215054j:plain

ミヤコイヌワラビ(左)とホソバイヌワラビ(右)

ここでは混生していました。並べてみると一目瞭然ですが、葉面の色合い、裂片の切れ込み、中軸や羽軸の太さが異なります。

 

f:id:shidasagashi:20180620215101j:plain

ミヤコイヌワラビの最下側羽片。

明瞭な柄があり、また最下外側小羽片は短縮しません(こちらの柄も明瞭)。

 

f:id:shidasagashi:20180620214920j:plain

ミヤコイヌワラビの中部の側羽片。

小羽片はやや重なり合ってつき、裂片は切れ込みが深いことがわかります。

 

f:id:shidasagashi:20180620214937j:plain

ミヤコイヌワラビのソーラス。

軸寄りにつき、鈎形のものも混じります。

羽軸には短腺毛が散生します。

 

f:id:shidasagashi:20180620214944j:plain

ミヤコイヌワラビの軸上の突起。

ホソバイヌワラビのように顕著な突起が生じていますが、ややホソバイヌワラビよりも長いように思います。

 

f:id:shidasagashi:20180620214926j:plain

ミヤコイヌワラビの中軸。

綺麗な青軸(ダンドイヌワラビの型のため)であるほか、狭い羽がありました。

ホソバイヌワラビに比べると太い中軸ですが、もろく折れやすいです。

 

f:id:shidasagashi:20180620214950j:plain

ミヤコイヌワラビの葉柄基部の鱗片。

辺縁は褐色で、中部は濃褐色でした。

ツヤナシイノデモドキ

種名:ツヤナシイノデモドキ

(Polystichum x pseudo-ovatopaleaceum Akasawa, Dryopteridaceae)

解説:ツヤナシイノデとイノデモドキの雑種。

場所:福岡県南部

確認日:2018.6.16

f:id:shidasagashi:20180619214553j:plain

ツヤナシイノデとイノデモドキが群生していたので、もしやいるかな〜と思って探してみたところ、見つかりました(初めて見つけた)。せっかくなので、両親種との形態の違いを議論しながら記録しておくことにします。

 

f:id:shidasagashi:20180619214613j:plain

ツヤナシイノデモドキの葉身。

 

f:id:shidasagashi:20180619214440j:plain

ツナヤナシイノデ(上)、ツヤナシイノデモドキ(中)、イノデモドキ(下)。

倒披針形な葉形のツヤナシイノデと、いわゆるカヌー型を典型とするイノデモドキの中間的な形をしています。

 

f:id:shidasagashi:20180619214451j:plain

イノデモドキ(左)、ツヤナシイノデモドキ(中)、ツヤナシイノデ(右)。

葉面に光沢のあるイノデモドキと、ほとんど光沢の無いツヤナシイノデに対し、ツヤナシイノデモドキではやや光沢がある程度です。また、ツヤナシイノデの小羽片が重なり合うという特徴は、ツヤナシイノデモドキにも反映されていますね。

 

f:id:shidasagashi:20180619214502j:plain

ツヤナシイノデモドキの側羽片(一応掲載)。

 

f:id:shidasagashi:20180619214253j:plain

f:id:shidasagashi:20180619214302j:plain

ツヤナシイノデモドキのソーラス(上:葉身上部、下:葉身下部)。

写真が多くなるので載せませんが、ツヤナシイノデはソーラスが葉身の上半分くらいにつくことが多く、イノデモドキは基本全面につきますが、ツヤナシイノデモドキでは基本的に全面につくようでした。

また、小羽片につくソーラスが少ない時、イノデモドキでは小羽片上側の耳片部に優先してつき、ツヤナシイノデでは小羽片の外側からつく傾向がありますが、ツヤナシイノデモドキでは上の写真のようにやや小羽片上側の耳片部に優先する傾向があるようです。

文章が長くなったので、一番わかりやすい特徴の違いを並べて比較してみます。

f:id:shidasagashi:20180619213921j:plain

葉身基部の鱗片の様子(上:ツヤナシイノデ、下:ツヤナシイノデモドキ)

f:id:shidasagashi:20180619213945j:plain

葉身基部の鱗片の様子(上:イノデモドキ、下:ツヤナシイノデモドキ)

ツヤナシイノデの鱗片は幅広く、辺縁は少し突起縁な程度で、開出気味につきます。

イノデモドキの鱗片は幅狭く、辺縁は著しい突起縁で、中軸に平行につきます。

ツヤナシイノデモドキの鱗片は幅広く、辺縁は著しい突起縁で、中軸に平行につきます。ちょうど両種の中間的な形態で、わかりやすいですね。

 

f:id:shidasagashi:20180619214228j:plain

ツヤナシイノデモドキの葉身基部の中軸の鱗片(一応拡大も掲載)。

 

f:id:shidasagashi:20180619214214j:plain

ツヤナシイノデモドキの葉柄基部の鱗片。

ツヤナシイノデに類似して、幅広の鱗片が密についていました。

 

f:id:shidasagashi:20180619213914j:plain

ソーラスが成熟していなかったり、胞子が不定形であることは雑種であることの必要十分条件ではありませんが、判断の参考にはなります。この個体では成熟していませんでした。

ツクシオオクジャク

種名:ツクシオオクジャク(Dryopteris handeliana C.Chr., Dryopteridaceae)

解説:包膜が辺縁よりな有性生殖種。

場所:福岡県南部

確認日:2017.4.12, 2018.6.16

f:id:shidasagashi:20180618232017j:plain

このブログの背景画像にもしていますが、ここでようやく紹介。笑

県内では無融合生殖種のイワヘゴ、イヌイワヘゴ、オオクジャクシダ、有性生殖種のツクシイワヘゴが普通に見られる一方、ツクシオオクジャクはごく限られた場所でのみ確認しています。また、自生地のいくつかはシカ食害の増加が著しい場所のため、局地的に絶滅・衰退しているものと思っています。

 

f:id:shidasagashi:20180618232039j:plain

ツクシオオクジャクの葉身。

葉身の最大幅は中部〜やや上部にあり、基部にかけて幅が狭くなります。この時期とても綺麗な緑色をしています。

側羽片はイヌイワヘゴのように鎌状にはなりません。また、イワヘゴ類よりも幅広くぼってりとした感じです。

 

f:id:shidasagashi:20180618231815j:plain

ツクシオオクジャクの葉身頂部。

急に狭まり、穂状の頂部を形作っています。

 

f:id:shidasagashi:20180618231808j:plain

ツクシオオクジャクの葉身基部。

下部の側羽片は短縮するほか、下向きになっています。また、上部と下部の側羽片基部ははっきりと切形になっており、シャープな印象です。

 

f:id:shidasagashi:20180618231803j:plain

ツクシオオクジャクの側羽片(葉身中部)。

辺縁は鋸歯状で、イワヘゴのように浅裂もしません。葉身は鮮緑色で、脈ははっきりとくぼみ、またオオクジャクシダやキヨズミオオクジャクよりも脈の間隔は狭く密度が高いように感じます。

f:id:shidasagashi:20180618231911j:plain

ツクシオオクジャクの脈がくぼんでいる様子(自然光下で)。

 

f:id:shidasagashi:20180618231926j:plain

ツクシオオクジャクのソーラス。

先端側からつき始め、ごく辺縁に沿って並びます。すごく特徴的。

 

f:id:shidasagashi:20180618231920j:plain

ツクシオオクジャクの包膜は全縁でした。

 

f:id:shidasagashi:20180618231753j:plain

ツクシオオクジャクの葉柄最上部の鱗片。

やや明るい褐色で、鱗片の辺縁は全縁です。

 

f:id:shidasagashi:20180618231758j:plain

ツクシオオクジャクの葉柄基部の鱗片。

褐色〜濃褐色で、こちらも全縁でした。

ベニオオイタチシダ

種名:ベニオオイタチシダ(Dryopteris erythrovaria K.Hori & N.Murak., Dryopteridaceae)

解説:オオイタチシダよりも葉質が薄い無融合生殖種。

場所:福岡県西部

確認日:2018.6.9

f:id:shidasagashi:20180612213527j:plain

福岡県でも沿海地では普通に見られるようです。広く見られるオオイタチシダに比べると、ハチジョウベニシダが入っている分、葉質が薄く、葉身も大きくなり、より"ベニシダ感"を強く感じます。

 

f:id:shidasagashi:20180612213518j:plain

ベニオオイタチシダの葉身。

オオイタチシダ(アツバ)に比べると葉身はより長楕円状に近い印象を受けました。光沢はあります。

 

f:id:shidasagashi:20180612213909j:plain

ベニオオイタチシダの葉身の頂部。

やや穂状になるものの、オオイタチシダよりも狭まり方は緩やかです。

 

f:id:shidasagashi:20180612213801j:plain

ベニオオイタチシダの最下側羽片。

 

f:id:shidasagashi:20180612213657j:plain

オオイタチシダ(アツバ)の最下側羽片。

ベニオオイタチシダでは、裂片の辺縁が反り返らず、平らであることがわかります。

また比較的切れ込みが深いです。

最下外側小羽片の長さについては、個体によって伸張度合に差がありましたが、2番目の小羽片に比べて著しく発達することは少ないように思いました。

 

f:id:shidasagashi:20180612213809j:plain

ベニオオイタチシダの小羽片(中部の側羽片)。

ベニシダ感があり、前述した通り裂片の辺縁は平ら、小羽片の先端はやや鋭頭です。

 

f:id:shidasagashi:20180612213815j:plain

ベニオオイタチシダのソーラス1

f:id:shidasagashi:20180612213820j:plain

ベニオオイタチシダのソーラス2

f:id:shidasagashi:20180612213644j:plain

ベニオオイタチシダのソーラス3

ソーラスの位置は、辺縁と軸の中間です。この個体は包膜の中心が紅色ではなく、包膜の辺縁は全縁でした。

 

f:id:shidasagashi:20180612213653j:plain

ベニオオイタチシダの羽軸の鱗片。

鱗片の基部は袋状のものが多いです。

 

f:id:shidasagashi:20180612213825j:plain

ベニオオイタチシダの中軸(最下側羽片基部)の鱗片

f:id:shidasagashi:20180612213648j:plain

オオイタチシダ(アツバ)の中軸(最下側羽片基部)の鱗片

ベニオオイタチシダでは、鱗片基部の淡色部分の広さがオオイタチシダに比べて狭いように思います。

 

f:id:shidasagashi:20180612213639j:plain

ベニオオイタチシダの葉柄基部の鱗片。

ややツヤのある黒〜黒褐色といった具合です。形態的にはナンカイイタチシダの鱗片に似ているように思います。

 

f:id:shidasagashi:20180612213901j:plain

葉身の長さが80cm程にもなり、遠目にはベニシダに見えるような大株もありました。

サイゴクホングウシダ

種名:サイゴクホングウシダ(Osmolindsaea japonica (Baker) Lehtonen et Christenh., Lindsaeaceae)

解説:渓流に生育するホングウシダ。

場所:福岡県西部

確認日:2016.6.18, 2017.10.14, 2018.6.9

f:id:shidasagashi:20180610135221j:plain

f:id:shidasagashi:20180610135229j:plain

増水時には沈水するような渓流の岩上に生育していました。県内では2箇所で確認していますが、いずれも明るい環境でした。

 

f:id:shidasagashi:20180610135135j:plain

サイゴクホングウシダの葉身。

水の流れを受け流せそうな、滑らかな質感です。

 

f:id:shidasagashi:20180610135124j:plain

サイゴクホングウシダの葉身頂部。

側羽片とほぼ同形の頂羽片があります。

 

f:id:shidasagashi:20180610135118j:plain

サイゴクホングウシダの葉身中部の側羽片。

ちょっと切れ込みがある程度。

 

f:id:shidasagashi:20180610135129j:plain

サイゴクホングウシダの最下側羽片。

上部の側羽片に比べて深く切れ込んでいます(ソーラスがついていないから)。

 

f:id:shidasagashi:20180610135112j:plain

サイゴクホングウシダのソーラス。

包膜は全縁から波状縁程度です。