しださがし

福岡県から九州各地で見つけたシダ植物について紹介していきます。無断での転用・転載は禁止。

ヤワラハチジョウシダ

 種名:ヤワラハチジョウシダ(Pteris natiensis Tagawa, Pteridaceae)

解説:無柄のハチジョウシダ類

場所:鹿児島県

確認日:2018.8.19 

f:id:shidasagashi:20180825001913j:plain

f:id:shidasagashi:20180825001903j:plain

ヤワラハチジョウシダです。ハチジョウシダ類を連投しました。

ハチジョウシダのように側羽片基部が狭まりますが、側羽片は無柄で、側羽片数も4〜5対程度と少なく、ビロードのような質感があります。質感はサツマハチジョウシダに類似していますが、サツマハチジョウシダの側羽片は幅が均一で、基部がより深い心形です。

 

ニシノコハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部は切形〜浅い心形
サツマハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部は深い心形で軸に重なる
アイコハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部はほぼ切形

 

f:id:shidasagashi:20180825001742j:plain

ヤワラハチジョウシダの最下側羽片。

サツマ、アイコ同様に普通1つが発達します。

 

f:id:shidasagashi:20180825001747j:plain

ヤワラハチジョウシダの側羽片。

側羽片は無柄で、基部にかけて狭まり、最大幅が中央付近にあります。また、やや鎌状に曲がります。

 

f:id:shidasagashi:20180825001758j:plain

ヤワラハチジョウシダの側羽片基部。

無柄の心形で、サツマハチジョウシダよりは心形の度合いが浅いです。

f:id:shidasagashi:20180825001352j:plain

サツマハチジョウシダの側羽片基部。

 

f:id:shidasagashi:20180825001753j:plain

ヤワラハチジョウシダの葉身頂部。

他のハチジョウシダ類と同様に明瞭な頂羽片があります。

 

f:id:shidasagashi:20180825001608j:plain

ヤワラハチジョウシダのソーラス。

f:id:shidasagashi:20180825001613j:plain

ヤワラハチジョウシダの羽軸周辺の葉脈。

ソーラスは裂片の辺縁、基部と最上部を除いてつきます。

各裂片の中肋最下部の、側羽片下側に付く脈(Y字型のやつ)は、羽軸から出ています。類似のサツマハチジョウシダでは、中肋と羽軸の結合点から出ます(以下)。まあ全ての結合点がそうというわけではないのだけれど。

f:id:shidasagashi:20180825001229j:plain

サツマハチジョウシダの羽軸周辺の葉脈。

詳しくはこちらの論文を参照ください。

CiNii 論文 -  わが国におけるハチジョウシダとそのなかまについて

 

f:id:shidasagashi:20180825001628j:plain

ヤワラハチジョウシダの羽軸と裂片の突起。

サツマハチジョウシダよりはやや長いものの、上記の論文にあるように、かなりはっきりした突起...というわけではなかった(無配生殖種だもの仕方ない)。

 

f:id:shidasagashi:20180825001619j:plain

ヤワラハチジョウシダの葉柄基部の鱗片。

濃褐色で、辺縁は淡色です。早落性で、成熟葉では少し残っている程度。

 

f:id:shidasagashi:20180825001623j:plain

ヤワラハチジョウシダの軸折れの具合。

葉柄が中軸に移行する箇所では、明瞭に屈折します。

サツマハチジョウシダ

種名:サツマハチジョウシダ(Pteris satsumana Sa.Kurata, Pteridaceae)

解説:無柄のハチジョウシダ類

場所:鹿児島県

確認日:2018.8.19

f:id:shidasagashi:20180825001503j:plain

f:id:shidasagashi:20180825001453j:plain

サツマハチジョウシダです。ニシノコハチジョウシダと比べると遭遇頻度が低く、稀に点在しているような種です。葉身は中程度の大きさで、30cm程度の大きさの個体を見かけます。ヤワラハチジョウシダと同様にビロードのような質感がありますが、側羽片の基部が短縮しないことや、側羽片の基部が中軸を越えてしまうくらい深い心形であること、側羽片数が多いこと等が異なります。軸折れはします。

 

アイコハチジョウシダ...軸折れしない、側羽片幅は均一で基部はやや切形

ニシノコハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部は切形〜浅い心形

ヤワラハチジョウシダ...軸折れする、側羽片は基部にかけて狭まる

 

f:id:shidasagashi:20180825001336j:plain

サツマハチジョウシダの最下側羽片。

基部外側の裂片はアイコとヤワラ同様に基本的に1つが伸張します。

 

f:id:shidasagashi:20180825001341j:plain

サツマハチジョウシダの側羽片。

側羽片の幅は均一で、基部で狭まることはありません。側羽片の中軸につく角度は広いです。側羽片が鎌状になる度合いはやや弱いですが、上部の側羽片や先端部付近では鎌状になるようです。

 

f:id:shidasagashi:20180825001352j:plain

サツマハチジョウシダの側羽片基部。

無柄で深い心形をしており、中軸を越えて対の側羽片と重なっています。

ヤワラハチジョウシダも心形になりますが、ここまでではなく、また基部にかけて短縮するような違いがあります。

f:id:shidasagashi:20180825001758j:plain

ヤワラハチジョウシダの側羽片基部。

 

f:id:shidasagashi:20180825001346j:plain

サツマハチジョウシダの頂羽片。

他のハチジョウシダ類と同様、明瞭な頂羽片があります。

 

f:id:shidasagashi:20180825001224j:plain

サツマハチジョウシダのソーラス。

f:id:shidasagashi:20180825001229j:plain

サツマハチジョウシダの羽軸周辺の葉脈。

ソーラスは裂片の辺縁、基部と最上部を除いてつきます。

各裂片の中肋最下部の、側羽片下側に付く脈(Y字型のやつ)は、裂片の中肋と羽軸の合流点から出ています。類似のヤワラハチジョウシダでは、この脈が合流点ではなく、羽軸から出る(以下)。

f:id:shidasagashi:20180825001613j:plain

ヤワラハチジョウシダの羽軸周辺の葉脈。

※詳しくは以下の論文を参照ください。

CiNii 論文 -  わが国におけるハチジョウシダとそのなかまについて

 

 

f:id:shidasagashi:20180825001245j:plain

サツマハチジョウシダの羽軸と裂片の突起。

ニシノコやアイコに比べて突起は小さく、あまり目立ちません。

 

f:id:shidasagashi:20180825001235j:plain

サツマハチジョウシダの葉柄基部の鱗片。

濃褐色で、辺縁は淡色です。早落性で成熟葉では基部に少し残っている程度。

 

f:id:shidasagashi:20180825001239j:plain

サツマハチジョウシダの軸折れ具合。

葉柄から中軸への移行部、各側羽片の分岐点ではっきりと屈折します。

アイコハチジョウシダ

種名:アイコハチジョウシダ(Pteris laurisilvicola Sa.Kurata, Pteridaceae)

解説:無柄のハチジョウシダ類

場所:鹿児島県

確認日:2018.8.19

f:id:shidasagashi:20180825020023j:plain

f:id:shidasagashi:20180825020013j:plain

アイコハチジョウシダです。福岡県でも確認していますが、いい写真を撮っていなくて...。側羽片が無柄のハチジョウシダ類のうち軸折れしないやつです。側羽片は中軸に対してやや狭い角度でつき、ニシノコハチジョウシダやサツマハチジョウシダに比べて斜上している感があります。あと、少し革質な感じがあります。

 

ニシノコハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部は切形〜浅い心形
サツマハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部が深い心形で軸に重なる
ヤワラハチジョウシダ...軸折れする、側羽片は基部にかけて狭まる

 

f:id:shidasagashi:20180825015844j:plain

アイコハチジョウシダの最下側羽片。

基部の裂片は1つが発達していることが普通で、稀に2つあるものがいるくらい。

 

f:id:shidasagashi:20180825015850j:plain

アイコハチジョウシダの側羽片。

側羽片の幅は均一で、基部にかけて狭まることはありません。鎌状にもならず、直線的です。

 

f:id:shidasagashi:20180825015736j:plain

アイコハチジョウシダの側羽片基部。

無柄ですが、サツマハチジョウシダのように中軸を超えるようなことはないです。

 

f:id:shidasagashi:20180825015855j:plain

アイコハチジョウシダの葉身頂部。

他のハチジョウシダ類と同様に明瞭な頂羽片があります。

 

f:id:shidasagashi:20180825015900j:plain

アイコハチジョウシダのソーラス。

f:id:shidasagashi:20180825015731j:plain

アイコハチジョウシダの羽軸周辺の葉脈。

ソーラスは裂片の辺縁、基部と最上部を除いてつきます。

各裂片の中肋最下部の、側羽片下側に付く脈(Y字型のやつ)は、どちらかと言えば羽軸から出ています。

 

f:id:shidasagashi:20180825015751j:plain

アイコハチジョウシダの羽軸と裂片の突起。

無柄のハチジョウシダ類では一番発達している印象です。

 

f:id:shidasagashi:20180825015741j:plain

アイコハチジョウシダの葉柄基部の鱗片。

濃褐色で、辺縁は淡色です。鱗片は早落性。

 

f:id:shidasagashi:20180825015746j:plain

アイコハチジョウシダの軸折れ具合。

葉柄から中軸への移行部、各側羽片の結合部の連続性は、ほぼ直線的、ほとんど軸折れしていません。

ちなみにサツマハチジョウシダだと以下のように各部で屈折します。

f:id:shidasagashi:20180825001239j:plain

サツマハチジョウシダの軸折れ具合。

 

ニシノコハチジョウシダ

種名:ニシノコハチジョウシダ(Pteris kiuschiuensis Hieron., Pteridaceae)

解説:無柄のハチジョウシダ類

場所:鹿児島県

確認日:2018.8.19

f:id:shidasagashi:20180825002315j:plain

f:id:shidasagashi:20180825002305j:plain

ニシノコハチジョウシダです。鹿児島で行きつけの場所では比較的普通に見かける種で、ほかにも三重県で見たことがあります。葉身は大きくなり、50cm程になることもしばしば。

類似する側羽片が無柄のハチジョウシダ類との違いは、側羽片数が多いこと、側羽片の幅が均一で基部にかけて狭まらないこと、軸折れすること等。

 

アイコハチジョウシダ...軸折れしない

サツマハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部が深い心形で軸に重なる

ヤワラハチジョウシダ...軸折れする、側羽片は基部にかけて狭まる

 

f:id:shidasagashi:20180825002159j:plain

ニシノコハチジョウシダの最下側羽片。

基部外側の裂片は複数(2〜3対)が発達します。

 

f:id:shidasagashi:20180825002110j:plain

ニシノコハチジョウシダの側羽片。

側羽片は明瞭な柄がなく、中軸に直行するように開出気味につきます。

側羽片の裂片の長さは均一で、基部にかけて短縮することはありません。

サツマハチジョウシダも側羽片は無柄で幅が均一ですが、基部が深い心形になり、羽軸に重なり(羽軸を越え)ます(葉の質感も違うけどね)。

f:id:shidasagashi:20180825001352j:plain

サツマハチジョウシダの側羽片基部の様子。

 

 

f:id:shidasagashi:20180825002204j:plain

ニシノコハチジョウシダの葉身頂部。

他のハチジョウシダ類に共通ですが、明瞭な頂羽片があります。

 

f:id:shidasagashi:20180825002059j:plain

ニシノコハチジョウシダのソーラス。

f:id:shidasagashi:20180825002105j:plain

ニシノコハチジョウシダの羽軸周辺の葉脈。

ソーラスは裂片の辺縁、基部と最上部を除いてつきます。

各裂片の中肋最下部の、側羽片下側に付く脈(Y字型のやつ)は、裂片の中肋と羽軸の合流点から出ています。

※詳しくは以下の論文を参照ください。

CiNii 論文 -  わが国におけるハチジョウシダとそのなかまについて

 

f:id:shidasagashi:20180825002120j:plain

ニシノコハチジョウシダの羽軸と裂片の突起。

羽軸と裂片には突起があり、類似種に比べると明瞭な方だと思います。

ちなみにサツマハチジョウシダでは突起が小さく目立たない(裂片の幅は異なる)。

f:id:shidasagashi:20180825001245j:plain

サツマハチジョウシダの羽軸と裂片の突起。

 

 

f:id:shidasagashi:20180825002116j:plain

ニシノコハチジョウシダの葉柄基部の鱗片。

鱗片は早落性で、濃褐色です(辺縁は褐色)。

軸折れの写真を撮り忘れました...。

ゴリカナワラビ(シビカナワラビ・オオカナワラビと比較)

種名:ゴリカナワラビ

(Arachniodes x pseudohekiana Sa.Kurata, Dryopteridaceae)

解説:シビカナワラビとオオカナワラビの雑種

場所:鹿児島県

確認日:2018.7.28

f:id:shidasagashi:20180822231956j:plain

ゴリカナワラビ①

f:id:shidasagashi:20180822231933j:plain

ゴリカナワラビ②

f:id:shidasagashi:20180822231944j:plain

ゴリカナワラビ③

ゴリカナワラビです。シビカナワラビの自生地やその周辺ではやや普通に見られます。後述するように羽片の形態やソーラスの位置、包膜の形状等で識別できますが、一筋縄ではいかない場合もしばしば...。

ぱっと見での気付きとしては、オオカナワラビ的な質感でありながら、小羽片が密につき、シビカナワラビに比べるとよりぼってりしている(厚みがあり光沢感が強め)といった具合です。

ちなみに参考に親種を掲載すると

f:id:shidasagashi:20180822231912j:plain

シビカナワラビ①

f:id:shidasagashi:20180822232221j:plain

シビカナワラビ②

f:id:shidasagashi:20180822231922j:plain

シビカナワラビ③

f:id:shidasagashi:20170718214657j:plain

オオカナワラビ(若い葉)

 

...といった具合です。シビカナワラビとオオカナワラビの全体的な差異としては、小羽片の間隔の広さ、小羽片の形といった部分が写真から判断できます。写真から判断が難しい差異としては、葉の色と質(シビカナワラビ:鮮緑でやや薄い、オオカナワラビ:深緑でやや厚い)といった部分を目安にできます(生育環境にもよるけど)。

ゴリカナワラビ③とシビカナワラビ①は、外観がよく類似しており、この写真だけでは識別が難しいと思います(小羽片の形をよく見ると異なることに気づいてもらえるかなと思います)。

 

f:id:shidasagashi:20180822232320j:plain

ゴリカナワラビの側羽片。

f:id:shidasagashi:20180822232412j:plain

シビカナワラビの側羽片。

f:id:shidasagashi:20170718214651j:plain

オオカナワラビの頂羽片(いい写真がなかった...。)

シビカナワラビは小羽片間の重なりがより強く、小羽片の切れ込みがより深い。また小羽片の下側はオオカナワラビに比べてより幅広いです(丸っこく広がっている)。薄さも伝わりますかね?

ゴリカナワラビは中間的な特徴を示します。

 

f:id:shidasagashi:20180822232315j:plain

ゴリカナワラビの頂羽片。

シビカナワラビもオオカナワラビも頂羽片が明瞭な種であるため、ヤマグチカナワラビ(オオカナワラビ✕ミドリカナワラビ)のようにやや不明瞭になることはありません。

 

f:id:shidasagashi:20180822232417j:plain

ゴリカナワラビのソーラス。

f:id:shidasagashi:20180822232422j:plain

シビカナワラビのソーラス。

f:id:shidasagashi:20170718214640j:plain

オオカナワラビのソーラス

シビカナワラビでは軸と辺縁の中間に、オオカナワラビでは辺縁寄りに位置しています。ゴリカナワラビはシビカナワラビよりは辺縁よりではあるものの、オオカナワラビに比べると軸側に寄っています。上の写真では特に、小羽片の下側に付くソーラスの位置がより辺縁に寄っていてわかりやすいかと思います。

 

f:id:shidasagashi:20180822232303j:plain

ゴリカナワラビの包膜。

f:id:shidasagashi:20180822232427j:plain

シビカナワラビの包膜。

f:id:shidasagashi:20180822232406j:plain

オオカナワラビの包膜(斜めに撮影⇒毛は一部がきれいに見えている)。

シビカナワラビの包膜の辺縁は全縁、オオカナワラビの包膜の辺縁は毛状縁。

ゴリカナワラビの包膜の辺縁も毛状縁ではあるものの、オオカナワラビに比べると不揃い&低密度であることがわかります。だいたい親の中間的な状態になっており、包膜が確認できるときは識別点にできます。

 

f:id:shidasagashi:20180822232310j:plain

ゴリカナワラビの根茎。・

短く這う、くらいかな。