しださがし

福岡県から九州各地で見つけたシダ植物について紹介していきます。無断での転用・転載は禁止。

ナガバヤブソテツ

種名:ナガバヤブソテツ(Cyrtomium devexiscapulae (Koidz.) Ching, Dryoteridaceae)

解説:有性生殖をするヤブソテツ類

場所:福岡県の東部

確認日:2017.12.17

f:id:shidasagashi:20171224155250j:plain

f:id:shidasagashi:20171224155244j:plain

石灰岩地では比較的多いですが、低山ではそこそこ見つかると思います。

オニヤブソテツ系の種で、成熟したような個体はオニヤブソテツと容易に見分けられますが、幼株だとちょっと微妙です。

有性生殖種であり、その他無融合生殖種のヤブソテツ類とも雑種を作ります。

 

f:id:shidasagashi:20171224155255j:plain

ナガバヤブソテツの葉身頂部。

指が邪魔でした。各羽片は混み合ってつかず、ほっそりとしています。

葉色はやや明るい緑色で、光沢は強いです(テリハヤブソテツよりも)。

 

f:id:shidasagashi:20171224155133j:plain

テリハヤブソテツの最下側羽片。

f:id:shidasagashi:20171224155138j:plain

テリハヤブソテツの中部の側羽片。

側羽片は細長い形状をしており、基部に耳片は発達しません。

オニヤブソテツのように基部上側が盛り上がることもありません。

辺縁はやや波状縁で、切れ込みが深いこともしばしばあります。

 

f:id:shidasagashi:20171224155142j:plain

テリハヤブソテツの側羽片の頂部。

側羽片中部は波状縁であったりますが、先端にかけては全縁です。

 

f:id:shidasagashi:20171224155149j:plain

f:id:shidasagashi:20171224155156j:plain

テリハヤブソテツのソーラスと包膜の様子。

ソーラスは裏の全面に散在します。

包膜は全縁で、中心部が(というよりほぼ全面が)黒褐色です。

 

鱗片撮り忘れました。笑