しださがし

福岡県のシダ植物を中心に見識を記録していきます。無断での転用・転載は禁止。

キュウシュウイノデ

種名:キュウシュウイノデ(Polystichum grandifrons C.Chr., Dryopteridaceae)

解説:やや頂羽片を生じるイノデ。

場所:鹿児島県本土

確認日:2017.6.17、2017.8.8

f:id:shidasagashi:20170816212340j:plain

まだまだネット上には形態情報の少ないイノデ様です。思いの外すぐに見つけることができました(通常、自生状態ではほとんど見る機会の無いイノデです)。

よく見るイノデ類に比べてぼってりとしている感じがわかるかと思います。

 

 

f:id:shidasagashi:20170816212353j:plain

これは雨の時の写真ですが、成熟した実葉でも明るい黄緑色をしています。葉身の頂部が急に狭まり、やや頂羽片状になっています。これがキュウシュウイノデの特徴です。

 

 

f:id:shidasagashi:20170816212359j:plain

葉身頂部。ぼってりしていますね。

 

 

f:id:shidasagashi:20170816212412j:plain

側羽片の様子。小羽片は丸っこく鈍頭で、辺縁には先端がやや芒状の細かい鋸歯があります。近隣でよく見られるイノデやサイゴク、モドキとはかなり異なった風貌です。

また、小羽片同士はツヤナシイノデのように明らかに重なり合っています(サイズ感は全く違うんだけど)。

 

 

f:id:shidasagashi:20170816212516j:plain

裏面の様子。ソーラスは中間性で、小さくついています(胞子を散布してしまった後だからかな?)。

小羽片基部上側は鋭頭の耳片となっています。私の指と比べてわかるように、小羽片は他のイノデ類に比べて大きいです(指のサイズは標準的なつもり)。

 

 

f:id:shidasagashi:20170816212347j:plain

葉柄上部の鱗片の様子。

狭披針形から線形といった具合で、基部の辺縁は毛状になっています。

 

葉柄基部の鱗片は撮り忘れ(笑)

また今度行った時にでも撮影しておきます。

まぁでも葉身だけでも特徴的だから...いやでも雑種の判断には重要な形質ですものね。