しださがし

福岡県から九州各地で見つけたシダ植物について紹介していきます。無断での転用・転載は禁止。

ニシノコハチジョウシダ

種名:ニシノコハチジョウシダ(Pteris kiuschiuensis Hieron., Pteridaceae)

解説:無柄のハチジョウシダ類

場所:鹿児島県

確認日:2018.8.19

f:id:shidasagashi:20180825002315j:plain

 

f:id:shidasagashi:20180825002305j:plain

ニシノコハチジョウシダです。鹿児島で行きつけの場所では比較的普通に見かける種で、ほかにも三重県で見たことがあります。葉身は大きくなり、50cm程になることもしばしば。

類似する側羽片が無柄のハチジョウシダ類との違いは、側羽片数が多いこと、側羽片の幅が均一で基部にかけて狭まらないこと、軸折れすること等。

 

アイコハチジョウシダ...軸折れしない

サツマハチジョウシダ...軸折れする、側羽片幅は均一で基部が深い心形で軸に重なる

ヤワラハチジョウシダ...軸折れする、側羽片は基部にかけて狭まる

 

f:id:shidasagashi:20180825002159j:plain

ニシノコハチジョウシダの最下側羽片。

基部外側の裂片は複数(2〜3対)が発達します。

 

f:id:shidasagashi:20180825002110j:plain

ニシノコハチジョウシダの側羽片。

側羽片は明瞭な柄がなく、中軸に直行するように開出気味につきます。

側羽片の裂片の長さは均一で、基部にかけて短縮することはありません。

サツマハチジョウシダも側羽片は無柄で幅が均一ですが、基部が深い心形になり、羽軸に重なり(羽軸を越え)ます(葉の質感も違うけどね)。

f:id:shidasagashi:20180825001352j:plain

サツマハチジョウシダの側羽片基部の様子。

 

 

f:id:shidasagashi:20180825002204j:plain

ニシノコハチジョウシダの葉身頂部。

他のハチジョウシダ類に共通ですが、明瞭な頂羽片があります。

 

f:id:shidasagashi:20180825002059j:plain

ニシノコハチジョウシダのソーラス。

f:id:shidasagashi:20180825002105j:plain

ニシノコハチジョウシダの羽軸周辺の葉脈。

ソーラスは裂片の辺縁、基部と最上部を除いてつきます。

各裂片の中肋最下部の、側羽片下側に付く脈(Y字型のやつ)は、裂片の中肋と羽軸の合流点から出ています。

※詳しくは以下の論文を参照ください。

CiNii 論文 -  わが国におけるハチジョウシダとそのなかまについて

 

f:id:shidasagashi:20180825002120j:plain

ニシノコハチジョウシダの羽軸と裂片の突起。

羽軸と裂片には突起があり、類似種に比べると明瞭な方だと思います。

ちなみにサツマハチジョウシダでは突起が小さく目立たない(裂片の幅は異なる)。

f:id:shidasagashi:20180825001245j:plain

サツマハチジョウシダの羽軸と裂片の突起。

 

 

f:id:shidasagashi:20180825002116j:plain

ニシノコハチジョウシダの葉柄基部の鱗片。

鱗片は早落性で、濃褐色です(辺縁は褐色)。

軸折れの写真を撮り忘れました...。