しださがし

福岡県のシダ植物を中心に見識を記録していきます。無断での転用・転載は禁止。

ユノツルイヌワラビ(ホソバ×ヒロハ)

種名:ユノツルイヌワラビ(Athyrium x kidoanum Sa.Kurata, Athyriaceae)

解説:ホソバイヌワラビとヒロハイヌワラビの雑種。

場所:福岡県の西部、杉植林内の沢沿いにて。

 確認日:2017.7.8

f:id:shidasagashi:20170715214831j:plain

全体の様子。質感にはヒロハ感がしっかり現れており、これもぱっと見で組み合わせが思い浮かぶような雑種でした。

(ヒロハ感=ややツヤのあるカラクサイヌワラビよりもぼってりとした質感)

葉身は丸っこいタイプのヒロハを少し引き伸ばしたような卵形で、ホソバに比べてやや頂部がまとまるような特徴があります。

 

 

f:id:shidasagashi:20170715214822j:plain

(ブレてたので最下羽片は載せませんが)最下小羽片以外の小羽片はやや切れ込む程度、また裂片にも浅い鋸歯が確認でき、ヒロハやホソバそのものとは明らかに異なります。

もちろんカラクサとも異なり、ヒサツ(以下参照:ブログ開設 - しださがし)に比べても切れ込みは明らかに浅く、鋸歯も弱いです。葉の質感はヒロハに似たものがあります。

軸は多毛です。

 

 

f:id:shidasagashi:20170715214800j:plain

ホソバが混じっているので、小羽軸上には顕著な突起が生じます。

写真の通り、小羽片、葉によって突起の量にはばらつきがありました。

 

ちなみに、雑種の個体では両親種のどちらが母方になるのかで特徴に違いがあると聞いたことがありますが、それ以前に同一個体においても葉によって発現する特徴には差があるように思っています。

 

f:id:shidasagashi:20170715214812j:plain

ソーラスはこんな感じ。たまに鉤型が混じるのはホソバの影響かな。

葉軸や羽軸は多毛で、ヒサツよりは毛の密度が高いように思います。

 

 

f:id:shidasagashi:20170715214750j:plain

ヒロハ(中部が黒褐色の時もあるけど)もホソバも褐色なので、鱗片は褐色。

ヒサツだとカラクサの影響で幅の広い鱗片が混じっていましたが、この個体はヒロハの影響でほぼ一様に細長い鱗片のようです。

葉柄が緑色なのはホソバの影響か、片親がミドリヒロハだったとかかな?