しださがし

福岡県のシダ植物を中心に見識を記録していきます。無断での転用・転載は禁止。

ハツキイヌワラビ(ホソバ×タニ)

種名:ハツキイヌワラビ(Athyrium x pseudoiseanum Sa.Kurata, Athyriaceae)

解説:ホソバイヌワラビとタニイヌワラビの雑種。

場所:福岡県の西部、湿った杉植林内。

 確認日:2017.7.8

f:id:shidasagashi:20170711221101j:plain

初見の印象は白っぽいタニイヌワラビで、一目でタニイヌワラビとホソバイヌワラビが混じっているなと感じました。

白っぽいというのはツヤ消しという意味で、日向で展葉したホソバイヌワラビの葉の質感に近い雰囲気があります。一方でタニイヌワラビのように常緑感のある葉質をしています。

 

ホソバの特徴としては、より長い葉身、つや消し感。

タニの特徴としては、厚紙質〜やや皮質であること、ほぼ無柄であること等。

キモリと推定しなかったのは、羽片や葉身は細くまとまり、羽片の間隔が広く、また葉質は前述のようであり、サキモリとの組み合わせであればもっと薄くなるのではと思ったため。

(※でもまだサキモリを見つけたことがない)

 

f:id:shidasagashi:20170711221048j:plain

ツヤ消し感というのはこんな感じ。

小羽片にはタニイヌワラビ的な主張を感じます(抽象的)。

 

 

f:id:shidasagashi:20170711221034j:plain

小羽片に顕著な突起があるのはホソバの特徴。

仮にホソバではなくトガリバが相手だとしたら、小羽片はより幅広くなり、羽片の先端はより尾状なるはず。

 

f:id:shidasagashi:20170711221023j:plain

ソーラスの鉤型がより顕著になり、端が軸に接していること、羽軸のところどころに微毛があるのはホソバの特徴。サキモリが相手だともっと有毛になるんかな?

 

 

f:id:shidasagashi:20170711221013j:plain

葉柄下部の鱗片は黒褐色で、少し上の鱗片は褐色になっています。

 

前回掲載したヒサツイヌワラビよりはやや乾燥した林床で確認しました。

ちなみに胞子はちゃんと不定形です。