しださがし

福岡県等で見つけたシダ植物について掲載していきます。無断での転用・転載は禁止。

ムラサキオトメイヌワラビ(ホウライ×ツクシ)

種名:ムラサキオトメイヌワラビ(Athyrium x purpurascens (Tagawa) Sa.Kurata, Athyriaceae)

解説:ホウライイヌワラビとツクシイヌワラビの雑種。

場所:福岡県の西部、渓流沿い。

確認日:2017.7.15

f:id:shidasagashi:20170717185522j:plain

きらびやかな名称は、親種のホウライイヌワラビの別名がオトメイヌワラビで、軸が紫色に染まるため。

質感はツクシ似で、羽片や頂部が鋭端(しゃきっとした感)になっている点などはホウライ似です。

 

f:id:shidasagashi:20170717185510j:plain

羽片等の拡大図。小羽片は明瞭な鋸歯縁で、葉軸の上半分は淡紫色です。

 

f:id:shidasagashi:20170717185503j:plain

小羽軸上には顕著な突起が散在し、ホウライ的な特徴が現れています。

 

f:id:shidasagashi:20170717185457j:plain

裏面の様子。ソーラスは中軸寄り、ツクシ的なつき方をしています。

 

f:id:shidasagashi:20170717185451j:plain

鱗片の様子。両種の特徴が反映され、褐色(ツクシ)のものが多く、黒褐色(ホウライ)のものが混じります。

 

参考までに、以下にツクシイヌワラビとホウライイヌワラビを載せときます。

f:id:shidasagashi:20170717185737j:plain

ツクシイヌワラビ(同じ地点の個体)。これは沢沿いの斜面に生えるタイプの葉形で、林床に生える個体は小羽片がより小さくまとまり、羽軸に延着する傾向が無くなったりします。

 

f:id:shidasagashi:20170717185730j:plain

ツクシイヌワラビの羽片(下から2対目)。ムラサキオトメに比べて、小羽片の鋸歯は弱く、葉軸は全て淡紫色であることがわかります。

 

f:id:shidasagashi:20170717185722j:plain

ホウライイヌワラビ(同じ地点の個体)。

自生地での個体数は多いけど分布は局所的な変わり者。

 

f:id:shidasagashi:20170717185715j:plain

ホウライイヌワラビの羽片(真ん中くらい)の様子。小羽片は中裂程度で、裂片の鋸歯が明瞭であること、葉軸は全て黄緑色であることがわかります。