しださがし

福岡県のシダ植物を中心に見識を記録していきます。無断での転用・転載は禁止。

トガリバイヌワラビ

種名:トガリバイヌワラビ

(Athyrium iseanum Rosenst. var. angustisectum Tagawa, Athyriaceae)

解説:ホソバイヌワラビの親戚。

場所:福岡県西部

確認日:2017.8.19

f:id:shidasagashi:20170820215451j:plain

トガリバイヌワラビ①

f:id:shidasagashi:20170820215444j:plain

トガリバイヌワラビ②

ホソバイヌワラビと普通に混生する種です。変種とされていますが、ホソバとの間に胞子が不定形の雑種を生じます(アイトガリバイヌワラビ)。

ホソバに比べて、羽片は丸っこく幅広(なので、葉身あたりの羽片数も少なめ?)、羽片先端がやや急に狭まるため、ホソバに比べて顕著に尾状になる印象を持っています。

参考までに前の記事に掲載したホソバ2個体↓。

f:id:shidasagashi:20170820215027j:plain

f:id:shidasagashi:20170820215044j:plain

 

細身のホソバとの違いは一目瞭然ですが、幅広で羽片がやや尾状になるホソバとの識別には迷う場合があるかもです。トガリバでは急に尾状になり、ホソバでは緩やかに尾状になる感じ?

また、トガリバでは最下羽片がより短縮し、ホソバに比べて丸っこくなっています。

葉身の最大幅が、ホソバでは葉身基部付近であるのに対し、トガリバでは葉身中部〜葉身基部にあるといった具合でしょうか。葉身中部の羽片が突出して長い個体をよく見かけます(気のせい?)。

 

f:id:shidasagashi:20170820215457j:plain

f:id:shidasagashi:20170820215427j:plain

トガリバ各個体の葉身頂部。

 

f:id:shidasagashi:20170820215020j:plain

ホソバの葉身頂部。

トガリバでは、側羽片・小羽片が幅広で、間隔が広めであるため、やや隙間が多いような印象を受けます。①の個体のようにある程度育った個体では、頂部の側羽片がやや開出ぎみになっている場合をよく見かけます。

また、トガリバでは急に尾状になる感というのも伝わるかなと思います。

 

 

f:id:shidasagashi:20170820215435j:plain

トガリバ最下羽片。2回目ですが、羽片はやや短縮し、丸っこい(幅広)。

 

f:id:shidasagashi:20170820215606j:plain

トガリバ葉身中部の側羽片。

 

f:id:shidasagashi:20170820215227j:plain

これはホソバの葉身中部の側羽片。

トガリバでは、小羽片がやや幅広で、裂片の間隔が広く、切れ込みが深いことがわかるかと思います(小羽片の基部の裂片が独立するくらい切れ込む個体が多い)。

 

 

f:id:shidasagashi:20170820215625j:plain

トガリバの裏面。軸はホソバ同様に有毛で、ソーラスは軸より、鉤形のものが多く混じります。

 

f:id:shidasagashi:20170820215611j:plain

ホソバ同様、トガリバにも顕著な突起が常にあります。

 

f:id:shidasagashi:20170820215618j:plain

鱗片もホソバ同様に褐色。ホソバとの違いがどのくらいかはよくわかりません。

 

一応、胞子が定形であることを確認した個体を掲載してますが、ヤマイヌワラビとトガリバとの雑種をまだ見つけておらず、何か違いましたらどなたかご指摘ください。