しださがし

福岡県から九州各地で見つけたシダ植物について紹介していきます。無断での転用・転載は禁止。

ヒゴカナワラビ

種名:ヒゴカナワラビ

(Arachniodes simulans (Ching) Ching, Dryopteridaceae)

解説:ミドリカナワラビ系の光沢の弱い種。

場所:熊本県

確認日:2018.6.17

f:id:shidasagashi:20180622233736j:plain

f:id:shidasagashi:20180622233730j:plain

ヒゴカナワラビ(2枚)。今春見つけた時には包膜の状態が悪かったため、再度確認してきました。最初の写真は自然光下で撮影した個体です。ここには大株がそこそこ生育しています。本当はサンヨウカナワラビと比べてみたいところですが、まだ見たことがないので(笑)、ミドリカナワラビ(福岡県産)と比べることにしました。

 

f:id:shidasagashi:20180622233724j:plain

f:id:shidasagashi:20180622233718j:plain

ミドリカナワラビ(上は自然光下で撮影)。

比べてみると、ヒゴカナワラビでは葉身が幅広く、小羽片がより丸っこいことがわかるかと思います(宮崎のM先生にも丸っこいことが特徴だと教わりました)。標準図鑑に記載の広五角形状の葉身というのも、その通りの葉形ですかね。

また、自然光下での写真で比べるとわかりやすいですが、ヒゴカナワラビではより白っぽく光沢の少ない葉色、ミドリカナワラビではより緑っぽく、光沢のある葉色をしています。

 

f:id:shidasagashi:20180622233418j:plain

ヒゴカナワラビの側羽片(実葉・葉身上部)。

f:id:shidasagashi:20180622233549j:plain

ミドリカナワラビの側羽片(実葉・葉身中部)

ヒゴカナワラビでは全体に丸っこい小羽片(裂片)であることがわかります。

 

f:id:shidasagashi:20180622233423j:plain

ヒゴカナワラビの小羽片(裸葉)

裸葉ではより丸っこいことがわかりやすいです。また、裂片の先端は芒状です。

 

f:id:shidasagashi:20180622233413j:plain

ヒゴカナワラビの最下側羽片(大型の葉)。

最下外側の第1小羽片が著しく発達することはなく、2番目と同じ程度です。

 

f:id:shidasagashi:20180622233400j:plain

ヒゴカナワラビの葉身頂部(大型の葉)。

徐々に狭まり、やや鉾状なくらいで、明瞭な頂羽片は形成していません。

 

f:id:shidasagashi:20180622233428j:plain

f:id:shidasagashi:20180622233239j:plain

ヒゴカナワラビのソーラス(2枚は別個体のもの)。

f:id:shidasagashi:20180622233555j:plain

ミドリカナワラビのソーラス。

ヒゴカナワラビのソーラスは、軸と辺縁の中間〜辺縁寄りに位置しています。ミドリカナワラビよりはやや辺縁寄りな気もしますが、同程度な場合もあると思います。

 

f:id:shidasagashi:20180622233244j:plain

ヒゴカナワラビの包膜。

f:id:shidasagashi:20180622233609j:plain

ミドリカナワラビの包膜。

ヒゴカナワラビの包膜は毛状突起縁で、ミドリカナワラビの包膜は突起縁です(やや未熟なことは否めないけど)。この点で、この個体がサンヨウカナワラビではないと言えるかと思います(胞子も定形だったし)。

 

f:id:shidasagashi:20180622233233j:plain

ヒゴカナワラビの小羽片裏の毛の様子。

f:id:shidasagashi:20180622233603j:plain

ミドリカナワラビの小羽片裏の毛の様子。

毛の量は同じか、ミドリカナワラビの方がやや多いくらいですかね。

 

f:id:shidasagashi:20180622233253j:plain

ヒゴカナワラビの葉柄上部の色。

葉柄上部というか、中軸の下部まで淡紅色でした。

 

f:id:shidasagashi:20180622233248j:plain

ヒゴカナワラビの葉柄下部の様子。

葉柄は下部まで淡紅色で、鱗片は褐色でした。