しださがし

福岡県等で見つけたシダ植物について掲載していきます。無断での転用・転載は禁止。

サトメシダ

種名:サトメシダ

(Athyrium deltoidofrons Makino, Athyriaceae)

解説:県内では湿地や渓流沿い等に生育する夏緑性のシダ。

場所:福岡県の西部、渓流沿いの湿地。

確認日:2017.7.16, 23

f:id:shidasagashi:20170727221645j:plain

県内で見られるイヌワラビ類は、葉柄等の軸が紫色を帯びる種が多いのですが、この種は綺麗な鮮緑色をしています。

やや陽地生のような雰囲気もあり、明るい湿地のような好条件下では1m以上の高さまで葉を伸ばしているようです。

 

 

f:id:shidasagashi:20170727221640j:plain

最下外側の小羽片。

切れ込みの程度は株の大きさでまちまちですが、ある程度の大きさがある小羽片では写真のように左右(羽片を基準にした場合は上下)対称になっています。

ヤマイヌワラビやカラクサイヌワラビ、ヒロハイヌワラビ、ホソバイヌワラビ等のその辺でよく見かける種は非対称ですよね。

 

 

f:id:shidasagashi:20170727221634j:plain

最下羽片周辺の葉柄の様子。鮮緑色(というか藁色?)をしており、近縁なサカバサトメシダや他のイヌワラビ類(軸が紫色の種)との間に生じた雑種との識別点になります。

 

 

f:id:shidasagashi:20170727221628j:plain

ソーラスは軸寄りにつき、発達した小羽片では鉤型をしています。

この写真でもやや判別できますが、包膜の辺縁が細裂していることも本種の特徴です。

 

 

f:id:shidasagashi:20170727221622j:plain

野外でTG-4で頑張って撮影しました。

包膜の辺縁は多細胞の突起状に細裂しており、わしゃわしゃしています。

 

 

f:id:shidasagashi:20170727221710j:plain

鱗片は淡褐色でやや幅が広い印象を受けました。