しださがし

福岡県から九州各地で見つけたシダ植物について紹介していきます。無断での転用・転載は禁止。

フクオカカナワラビ

種名:フクオカカナワラビ(Dryopteridaceae)

解説:ツクシカナワラビとホソバカナワラビの雑種

場所:福岡県西部

確認日:2018.10.14, 2017.10.14

f:id:shidasagashi:20181028180618j:plain

フクオカカナワラビです。ちょっといいものを掲載してみました。

生体写真の公開は初かもしれません。

シダを始めたばかりの人だとホソバカナワラビにしてしまいそうですね。ホソバカナワラビとコバノカナワラビのゲノムを有するツクシカナワラビが、更にホソバカナワラビと交雑して生じたとされています。

f:id:shidasagashi:20181028180201j:plain

ホソバカナワラビ↑

f:id:shidasagashi:20181028180434j:plain

ツクシカナワラビ↑

 

コバノカナワラビを少しだけ含むホソバカナワラビと言った具合ですかね。せっかくなので以下に全部を比べてみました。

 

 

 

f:id:shidasagashi:20181028180124j:plain

ホソバカナワラビの最下側羽片↑

f:id:shidasagashi:20181028180537j:plain

フクオカカナワラビの最下側羽片↑

f:id:shidasagashi:20181028180343j:plain

ツクシカナワラビの最下側羽片↑

f:id:shidasagashi:20181028175923j:plain

コバノカナワラビの最下側羽片↑

このように並べてみると違いがわかりやすいと思います。フクオカカナワラビはホソバカナワラビに近似していますが、側羽片の幅がやや広く小羽片も少し細長くて切れ込みがより深いというコバノカナワラビの特徴が現れています。

全て同じ場所のものですが、フクオカカナワラビはホソバカナワラビよりも葉色が"重い"感じがします。

 

f:id:shidasagashi:20181028180117j:plain

ホソバカナワラビの葉身中部の側羽片↑

f:id:shidasagashi:20181028180533j:plain

フクオカカナワラビの葉身中部の側羽片↑

f:id:shidasagashi:20181028180336j:plain

ツクシカナワラビの葉身中部の側羽片↑

f:id:shidasagashi:20181028175919j:plain

コバノカナワラビの葉身中部の側羽片↑

フクオカカナワラビにはコバノカナワラビの気配を少し感じますね。

 

f:id:shidasagashi:20181028180112j:plain

ホソバカナワラビの葉身頂部↑

f:id:shidasagashi:20181028180527j:plain

フクオカカナワラビの葉身頂部↑

f:id:shidasagashi:20181028180330j:plain

ツクシカナワラビの葉身頂部↑

f:id:shidasagashi:20181028175914j:plain

コバノカナワラビの葉身頂部↑

フクオカカナワラビの葉身頂部の狭まり方は、ホソバカナワラビと同じくらい(ツクシカナワラビよりも)急です。が、鉾上の部分はやや幅広いですね。

 

f:id:shidasagashi:20181028180743j:plain

並べてみるとこんな感じ。

左からツクシカナワラビ、フクオカカナワラビ、ホソバカナワラビ。

フクオカカナワラビの側羽片は少ないですね。

 

f:id:shidasagashi:20181028180848j:plain

それぞれの根茎を上から順に並べてみました。

ホソバカナワラビ、フクオカカナワラビ、ツクシカナワラビ、コバノカナワラビ。

フクオカカナワラビの根茎は長く這いますが、葉のつく間隔(発達しなかった場所も含め)が少し短いことがわかるかと思います。ツクシカナワラビの場合の間隔よりは明らかに広いですね。

 

根茎は掘り出さないとわかりませんが、前述した葉身の形態に基づき、なれれば幼株でも区別できます(この自生地では)。

f:id:shidasagashi:20181028180153j:plain

ホソバカナワラビ↑

f:id:shidasagashi:20181028180607j:plain

フクオカカナワラビ↑

f:id:shidasagashi:20181028180424j:plain

ツクシカナワラビ↑

f:id:shidasagashi:20181028180011j:plain

コバノカナワラビ↑