しださがし

福岡県を中心に、見つけたシダ植物等について紹介していきます。無断での転用・転載は禁止。

ヒロハナライシダ(ナンゴクナライシダと比較)

種名:ヒロハナライシダ (Arachniodes quadripinnata (Hayata) Seriz. subsp. fimbriata (Koidz.) Seriz., Dryopteridaceae) 解説:裂片が円っこいナライシダ。 場所:福岡県 確認日:2018.7.1(2016年にも県内の別の場所で確認) ヒロハナライシダ。RDBの…

ツクシヤブソテツ

種名:ツクシヤブソテツ (Cyrtomium macrophyllum (Makino) Tagawa var. tukusicola (Tagawa), Dryopteridaceae) 解説:羽片基部が鋭角のヤブソテツ。 場所:熊本県 確認日:2018.6.9 ツクシヤブソテツ。福岡県にも分布しており、1箇所では貧弱な個体を確…

ヒロハヤブソテツ

種名:ヒロハヤブソテツ (Cyrtomium macrophyllum (Makino) Tagawa var. macrophyllum, Dryopteridaceae) 解説:各羽片が巨大なヤブソテツ。 場所:福岡県南部(山地などを中心に多分全域に分布) 確認日:2018.6.17 ヒロハヤブソテツ。湿潤な環境でよく見…

ヤブソテツ(ホソバヤマヤブソテツ型)

種名:ホソバヤマヤブソテツ型のヤブソテツ (Cyrtomium fortunei J.Sm., Dryopteridaceae) 解説:ヤブソテツ類のうち、各羽片が細い型。 場所:福岡県南部(山地などを中心として全域に分布) 確認日:2018.6.9 ホソバヤマヤブソテツ型。ツヤナシヤブソテ…

ヤブソテツ(ツヤナシヤブソテツ型)

種名:ツヤナシヤブソテツ型のヤブソテツ (Cyrtomium fortunei J.Sm., Dryopteridaceae) 解説:ヤブソテツ類のうち、各羽片が広い型。 場所:福岡県南部(山地などを中心として全域に分布) 確認日:2018.6.9 ツヤナシヤブソテツ型のヤブソテツです。名前…

ヤブソテツ(ヒラオヤブソテツ型)

種名:ヒラオヤブソテツ型のヤブソテツ(Cyrtomium fortunei J.Sm., Dryopteridaceae) 解説:ヤブソテツ類のうち、石灰岩地に多い型。 場所:福岡県北部、西部 確認日:2017.12.3, 2018.6.9 ヒラオヤブソテツ。ヤブソテツ類の分類は誰かに教わったわけでは…

ミヤコヤブソテツ

種名:ミヤコヤブソテツ(Cyrtomium yamamotoi Tagawa, Dryopteridaceae) 解説:包膜の中心が黒くなる無融合生殖のヤブソテツ類。 場所:福岡県北部、中部(多分全域にいる) 確認日:2018.5.20, 2018.6.9 ヤブソテツ類では比較的訳しやすい型でしょうか。…

ツヤナシフナコシイノデ

種名:ツヤナシフナコシイノデ (Polystichum ovatopaleaceum (Kodama) Sa.Kurata var. ovatopaleaceum x P. polyblepharon (Roem. ex Kunze) C.Presl, Dryopteridaceae) 解説:ツヤナシイノデとイノデの雑種(ツヤナシフナコシ)。 場所:福岡県西部 確認…

ヒゴカナワラビ

種名:ヒゴカナワラビ (Arachniodes simulans (Ching) Ching, Dryopteridaceae) 解説:ミドリカナワラビ系の光沢の弱い種。 場所:熊本県 確認日:2018.6.17 ヒゴカナワラビ(2枚)。今春見つけた時には包膜の状態が悪かったため、再度確認してきました。…

ミヤコイヌワラビ(ダンドイヌワラビ)

種名:ミヤコイヌワラビ(ダンドイヌワラビ) (Athyrium frangulum Tagawa f. viride Sa.Kurata, Athyriaceae) 解説:青軸のミヤコイヌワラビ。 場所:福岡県南部 確認日:2018.6.16 ミヤコイヌワラビがなかなか見つからずに、ホソバイヌワラビと勘違いし…

ツヤナシイノデモドキ

種名:ツヤナシイノデモドキ (Polystichum x pseudo-ovatopaleaceum Akasawa, Dryopteridaceae) 解説:ツヤナシイノデとイノデモドキの雑種。 場所:福岡県南部 確認日:2018.6.16 ツヤナシイノデとイノデモドキが群生していたので、もしやいるかな〜と思…

ツクシオオクジャク

種名:ツクシオオクジャク(Dryopteris handeliana C.Chr., Dryopteridaceae) 解説:包膜が辺縁よりな有性生殖種。 場所:福岡県南部 確認日:2017.4.12, 2018.6.16 このブログの背景画像にもしていますが、ここでようやく紹介。笑 県内では無融合生殖種の…

ベニオオイタチシダ

種名:ベニオオイタチシダ(Dryopteris erythrovaria K.Hori & N.Murak., Dryopteridaceae) 解説:オオイタチシダよりも葉質が薄い無融合生殖種。 場所:福岡県西部 確認日:2018.6.9 福岡県でも沿海地では普通に見られるようです。広く見られるオオイタチ…

サイゴクホングウシダ

種名:サイゴクホングウシダ(Osmolindsaea japonica (Baker) Lehtonen et Christenh., Lindsaeaceae) 解説:渓流に生育するホングウシダ。 場所:福岡県西部 確認日:2016.6.18, 2017.10.14, 2018.6.9 増水時には沈水するような渓流の岩上に生育していまし…

コウラボシ

種名:コウラボシ(Lepisorus uchiyamae (Makino) H.Itô , Polypodiaceae) 解説:沿海地に生えるノキシノブ。 場所:宮崎県 確認日:2018.6.3 こんな場所に生えるのか!と驚くほど過酷そうな環境に生育していました。 パキパキとした質感で、ノキシノブとは…

ニセヨゴレイタチシダ

種名:ニセヨゴレイタチシダ(Dryopteris hadanoi Sa.Kurata, Dryopteridaceae) 解説:汚れてはいません(その2)。 場所:宮崎県 確認日:2018.6.3 先生からたくさんいるとは聞いていたものの、正確な場所までは聞いていなかったので不安でしたが、本当に…

ヨゴレイタチシダ

種名:ヨゴレイタチシダ(Dryopteris sordidipes Tagawa, Dryopteridaceae) 解説:汚れてはいません。 場所:鹿児島県 確認日:2018.5.4 久しぶりの更新な気がします。 と言うのも、この時期はスミレやツツジ、カヤツリグサ等の春が同定適期なやつらを探し…

オシャグジデンダ

種名:オシャグジデンダ(Polypodium fauriei Christ, Polypodiaceae) 解説:高嶺のシダ、的な冬緑性のやつ 場所:福岡県東部 確認日:2016.11.20、2018.3.25、2018.4.15 「高嶺のシダ」と書いたのは、県内で見られる主な個体群のだいたいが高木の樹上に着…

コケシノブ

種名:コケシノブ(Hymenophyllum wrightii Bosch, Hymenophyllaceae) 解説:コケシノブそのもの 場所:福岡県西部、東部 確認日:2016.11.20、2018.4.8 福岡県内ではごく希なコケシノブです。というかコケシノブです。 西部の自生地は私が新たに見出したも…

ヒメハイホラゴケ

種名:ヒメハイホラゴケ(Vandenboschia nipponica (Nakai) Ebihara, Hymenophyllaceae) 解説:コハイホラゴケとよく誤認される種 場所:大分県 確認日:2018.3.17 ようやく納得できるヒメハイホラゴケを見つけました。 そしてこれまでに見てきた”立体的な…

トミタカナワラビ

種名:トミタカナワラビ(Arachniodes x tomitae Sa.Kurata, Dryopteridaceae) 解説:ミドリカナワラビとハカタシダの雑種 場所:熊本県 確認日:2018.3.4 トミタカナワラビとしていますが、半信半疑です。ぱっと見でミドリカナワラビ感があること、ヤマグ…

ツクシノキシノブ

種名:ツクシノキシノブ(Lepisorus tosaensis (Makino) H.Itô , Polypodiaceae) 解説:やわらかいノキシノブ 場所:福岡県南部 確認日:2018.2.18 九州南部ではお馴染みのツクシノキシノブですが、福岡県でも無事見つけました。宮崎県や鹿児島県で見つけた…

ナンピイノモトソウ

種名:ナンピイノモトソウ(Pteris x austrohigoensis Sa.Kurata, Pteridaceae) 解説:クマガワイノモトソウとキドイノモトソウの雑種 場所:熊本県 確認日:2018.1.4 ある場所で一株だけ見つけました。最初はオオバノイノモトソウとクマガワイノモトソウの…

イツキイノモトソウ

種名:イツキイノモトソウ(Pteris x calcarea Sa.Kurata, Pteridaceae) 解説:クマガワイノモトソウとイノモトソウの雑種 場所:熊本県 確認日:2018.1.3 クマガワイノモトソウと同所的に生育していました。名前は最初に発見された場所の地名ですが、他の…

クマガワイノモトソウ

種名:クマガワイノモトソウ(Pteris deltodon Baker, Pteridaceae) 解説:石灰岩地に生育する三つ葉のイノモトソウ 場所:熊本県 確認日:2018.1.3 年明け早々に活動しています。今年もシダ植物を掲載していきます。 今年最初のシダの名は、クマガワイノモ…

掲載種(雑種)一覧

◇Aspleniaceae Asplenium ●イチョウシダ [雑種] ●イセザキトラノオ ◇Athyriaceae Athyrium ●アオグキイヌワラビ ●サカバサトメシダ ●サキモリイヌワラビ ●サトメシダ ●タカサゴイヌワラビ (鹿児島県) ●トガリバイヌワラビ ●トゲカラクサイヌワラビ ●トゲヤ…

セフリワラビ

種名:セフリワラビ (Diplazium deciduum N.Ohta et M.Takamiya x D. nipponicum Tagawa, Athyriaceae) 解説:ウスバミヤマノコギリシダとオニヒカゲワラビの雑種 場所:福岡県の西部 確認日:2017.7.1, 2017.8.5, 2017.9.18 福岡県の脊振山系のシダという…

イズヤブソテツ

種名:イズヤブソテツ(Cyrtomium atropunctatum Sa.Kurata, Dryoteridaceae) 解説:並行的な羽片のヤブソテツ 場所:福岡県の西部、中部 確認日:2017.7.8, 2017.12.23 前のシダ植物図鑑では生体写真から特徴がわからず、ヒントの少ないヤブソテツでしたが…

ナガバヤブソテツモドキ

種名:ナガバヤブソテツモドキ(クマモトヤブソテツ) (Cyrtomium devexiscapulae (Koidz.) Ching × Cyrtomium laetevirens (Hiyama) Nakaike, Dryoteridaceae) 解説:ナガバヤブソテツとテリハヤブソテツの雑種。 場所:福岡県の東部、中部 確認日:2017.…

ナガバヤブソテツ

種名:ナガバヤブソテツ(Cyrtomium devexiscapulae (Koidz.) Ching, Dryoteridaceae) 解説:有性生殖をするヤブソテツ類 場所:福岡県の東部 確認日:2017.12.17 石灰岩地では比較的多いですが、低山ではそこそこ見つかると思います。 オニヤブソテツ系の…